黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵

2011-10

PS3『ダークソウル』 プレイ中 その6

※ネタバレ・攻略になり得る画像や記述、グロテスクな画像があるかもしれません。
ご覧になる方はご注意ください。


貪食ドラゴンを倒した後、どこに行けばいいのか分からず森なんかをウロウロしてましたが、先日、最下層のさらに奥、病み村へ行ってきました。



板で組まれた足場で戦うのは緊張感があります。



落下死したり敵にやられたり、たくさんソウルロストしながらもボスエリアまでたどり着きました。



混沌の魔女クラーグ。
当然初見ではうまく戦えませんでしたが、数回対戦している間に慣れ、一定の距離を保ちつつスキができたら攻撃するといった感じで削って勝利。



その後、地下の鐘を鳴らします。
そう言えばそれが目的でしたね。



さらに地下へと進み、ボス「爛(ただ)れ続けるもの」と戦いました。
これも初見では無理で、さらに数回の対戦でもなかなかうまい攻略法が見出せず、とにかく回避、回避の戦闘スタイルでした。

右手(触手?)の叩きつけは事前に音が聞こえる場合と、体ごと沈み込んでから叩きつけてくる場合とがあるので、耳と目で見極めます。
左右の横なぎ払いもタイミングよく回避。

燃える左手が厄介でしたが、左腕を振り上げている間に、戦っている場所のスペースによって左右どちらかに移動しながら、振り下ろされる瞬間にローリング。
なんとなく右、2発来る場合は右→左に回避したほうがかわせていた印象がありますが、ハッキリとは分かりませんw
あくまで参考程度に。


関連記事:
PS3『ダークソウル』 プレイ中 その5/2011年10月10日
PS3『ダークソウル』 プレイ中 その4/2011年10月5日


テーマ:DARK SOULS - ジャンル:ゲーム

気になったゲーム関連の話題 2011年10月20日

日付変わってますが、記事タイトルそのままで。
数日前の記事も含めて気になった話題を。


クラブニンテンドー、2011年プラチナ会員特典公開 ― ドットマリオぬいぐるみ、サントラCDなど /iNSIDE

WiiやDS、3DSなどの本体、ソフトに封入されているシリアルナンバーを登録することでポイントを貯め、様々な特典と交換できるクラブニンテンドー。
年間の登録ポイントに応じてランク特典がプレゼントされますが、2011年度のプラチナ会員特典は「プラチナサウンドトラック(5種類の内から2枚)」、「ドットマリオクッション」、「クラブニンテンドーカレンダー2012×2冊」からひとつを選ぶことができるそうです。



画像はドットマリオクッションのイメージ。

ちなみに私は今年度ゴールド止まりでした。
ドットクッション欲しかった・・・。



任天堂岩田社長、3DS新情報を伝えるインターネットプレゼンテーションを実施 /iNSIDE(10月19日)

本日10月21日の午後8時から、任天堂の岩田聡社長によるプレゼンテーション映像が配信予定。
ニンテンドー3DSに関する新情報が公開されるそうです。



「俺の屍を越えてゆけ」の体験版がPS Storeで配信開始。製品版で使用できる“レア神様”「桃果仙」が特典として手に入る /4Gamer.net

11月10日発売予定のPSP『俺の屍を越えてゆけ』の体験版が配信開始。
PlayStatinストア経由でダウンロードすると、製品版で“レア神様”「桃果仙」が使用できるようになるそうです。



体験版のダウンロード記録が残っている状態で発売日以降、PSストアにアクセスすることでダウンロードできるようです。



海外誌に『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』の世界初レビューが掲載 /Game*Spark

Zelda: Skyward Sword's main quest about 35 hours long /Official Nintendo Magazine


海外誌「オフィシャル・ニンテンドー・マガジン」最新号に、11月23日発売予定のWii『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』のレビュー記事が掲載。
98%という超高得点が付けられたようです。



また同じレビュー記事では、メインクエストだけで約35時間、アイテム集めなどのサブクエストまで含めるとその2倍ほどのプレイ時間になると書かれているそうです。



『アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-』のCMにハリソン・フォードを起用/ファミ通.com(10月19日)

11月2日発売予定のPS3『アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-』のCMに、「インディ・ジョーンズ」などを演じた俳優ハリソン・フォード氏を起用。



公式サイトにはそのCMのほかメイキングや、ハリソン・フォード氏が実際に同タイトルをプレイしながら感想を述べているプレイ動画が掲載されています。

SCEJのリリースにも記述がありますが、メイキング動画にPS Vita版をプレイしているような場面も映っており、さらにハリソン・フォード氏を起用したプロモーションは続くようです。



【電撃PlayStation】 ソウルが俺にもっと捧げろとささやいている……『ダークソウル』について今、僕が語っておきたいいくつかの事象/電撃オンライン(10月18日)

10月24日にPS3『ダークソウル』の完全攻略本、「ダークソウル ザ・コンプリートガイド」が電撃(アスキー・メディアワークス)から発売予定。

ダークソウル ザ・コンプリート・ガイド 攻略本 イメージ

ファミ通(エンターブレイン)から発売された「デモンズソウル パーフェクトガイド」は単なるデータ集という感じで、面白味に欠けていましたがこちらはどうなるでしょうか?
なんか表紙イメージを見る限りデータ集っぽいなぁ。

そんなことよりも私はクリアするのが先ですがw




関連記事:
クラブニンテンドー 2010年度プラチナ会員特典が届きました/2011年2月23日
ニンテンドー3DSカンファレンス 2011/2011年9月13日
気になったゲーム関連の話題 2011年8月2日
(PSP『俺の屍を越えてゆけ』発売日決定、限定版情報)
買い物いろいろ 2011年6月22日(『Demon's Souls 独占公式パーフェクトガイド』)

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

ニンテンドーダイレクト 2011.10.21

昨日午後8時、任天堂の岩田聡社長によるネットプレゼンテーション「ニンテンドーダイレクト」が任天堂公式サイトやUstream、ニコニコ動画にて配信されました。
「ニンテンドーダイレクト」は事前に録画された映像を配信する形で行われ、現在もニンテンドーダイレクト公式ページで、実際に配信されたプレゼン映像や、プレゼン内で紹介されたタイトルに関する動画やPVを見ることができます。
※2012年4月12日追記。
閲覧ページは現在削除されています。




私のほうでもざっくりとまとめてみます。



11月末に予定されている3DS本体更新による機能強化の案内。
動画の撮影や、いつの間に通信・すれちがい通信を使った新しい機能・ゲームができるようになります。



12月1日発売予定の3DS『マリオカート7』。
プロデューサー紺野秀樹氏に岩田社長がインタビューする「社長が訊く」を通じて新しいシステムが紹介されます。



続いて3DS向けダウンロード専用ソフトの紹介。
既に発売されている『引ク押ス』、『疾走すりぬけ アナトウス』。
今後配信予定の『ひらり 桜侍』、『いつの間に交換日記』、『ザ・ローリング・ウエスタン』。



サードパーティーによる3DSタイトルの紹介。
『ファブスタイル』、『キングダムハーツ ドリーム ドロップ ディスタンス』、『牧場物語 はじまりの大地』、『ルーンファクトリー4』。



さらにコンパチヒーローシリーズの新作『ロストヒーローズ』のPVが公開されます。



続いて2011年11月から2012年1月に発売されるWii・3DSソフトがまとめて紹介された後、「ちょっとマリオなニンテンドー3DS」キャンペーンのアナウンス。

このキャンペーンは会員サイト「クラブニンテンドー」に、購入した3DSソフト2本を登録し応募すると、抽選でオリジナルデザインの3DS本体が当たるというもの。
また、応募者にはもれなく、12月19日にニンテンドーeショップで配信される『3Dクラシックス 光神話 パルテナの鏡』の無料引換番号が配信されるそうです。

詳しくは公式のキャンペーン告知ページで。



最後に12月10日発売予定の3DS『モンスターハンター3G』の新しいトレーラーを放映してプレゼンは終了。



ちょろっと感想を。

ユーザー向けに直接、動画配信サイトなどネットを広く使ったプレゼンテーションは任天堂にとって新たな試みということだそうですが、この「ニンテンドーダイレクト」は特別なイベントというわけではなく、あくまで通常のプロモーションの一環として定期的・継続的に行われるものなのかなという気がします。

そういった意味ではド肝を抜かれるような発表、サプライズというほどのものはありませんでしたが、ダウンロード配信専用の新作タイトルの紹介や「モンハン3G」の亜種満載のPVは惹かれるものがありましたし、楽しめました。

今回発表された「ちょっとマリオなニンテンドー3DS」キャンペーンは驚いたというよりは、「気合入ってんなぁ~」といった感想です。
なんと言うか、表現は適切ではないかもしれませんが、「3DSを買わせようという意欲」を感じましたね(笑



ちなみに任天堂アメリカのニンテンドーダイレクトでは、Reggie Fils-Aime社長によるプレゼン映像が配信されており、動画配信サービスやゲームソフトの紹介が行われていました。



『引ク押ス』の英語版タイトルは『PUSHMO(プッシュモー)』というようです。
操作キャラが力士をモチーフにしてますからねw



関連記事:
ニンテンドー3DSカンファレンス 2011/2011年9月13日
E3 2011 任天堂カンファレンス/2011年6月10日


2012年4月12日 2011年10月21日配信ニンテンドーダイレクト閲覧ページのリンク切れを確認。記事追記。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

3DS『ひらり 桜侍』 3DS『ザ・ローリング・ウエスタン』 ニンテンドーダイレクト出展映像

先日の任天堂によるネットプレゼンテーション動画配信「ニンテンドーダイレクト」で発表された3DS向けのダウンロード専用タイトルの中で特に気になった、『ひらり 桜侍』と『ザ・ローリング・ウエスタン』のPVを放り込んでおきます。



3DS『ひらり 桜侍』



プレゼン動画で岩田社長が仰ってた「“待ち”と“刹那(せつな)”に勝負をかける居合いアクション」ってのはグッとくるキャッチフレーズですねw





敵の攻撃を見切ってかわし、倒すことで右上のメーターが溜まっていき、必殺技が使えるようです。

海外版のタイトルは『チェリー・ブロッサムライ』になると予想しておきます(笑



3DS『ザ・ローリング・ウエスタン』



西部劇の世界観で用心棒のアルマジロを主人公に、ローリングで敵を削って倒すアクションゲーム。
岩田氏のプレゼンによると、完全コンプリートしようとすると20時間以上かかるそうです。





タワーの強化要素やアイテムコレクション要素なんかがあるんでしょうか。

ちなみに英語版タイトルは『Dillon's Rolling Western』。
主人公がアルマジロ(Armadillo)のDillonというわけですね。


あとは、両タイトルともダウンロード専用ソフトということで、どの程度の値段になるのか気になります。
現時点での配信予定日は、『ひらり 桜侍』が今年11月、『ザ・ローリング・ウエスタン』が来年の2月となっています。



関連記事:
ニンテンドーダイレクト 2011.10.21/2011年10月22日


テーマ:3DSゲーム、3DSニュース、3DS情報 - ジャンル:ゲーム

PS3『ダークソウル』 プレイ中 その7

※ネタバレや攻略になり得る記述・画像があるかもしれません。
ご覧になる方はご注意ください。



「爛(ただ)れ続けるもの」を倒した後、さらに進めるようになったデーモン遺跡を探索しました。



牛頭のデーモンとヤギモンが数体ずついました。
コツコツ倒していって、かがり火で休んだらヤギモンが復活してヘコみつつも、貴重なアイテム・種火を手に入れたりして、さらに奥を探索。



しようと思ったら大王の力で封印されているそうです。
そんなわけで地上へ戻ると、スタート地点の近くで変化が起きていました。



2つの鐘を鳴らしたことによって「世界の蛇 王の探索者フラムト」が目覚めたようです。
見かけはキモチわるいですが、話しかけると「ア~、ヘロ~ゥ」となかなかフランクでしたw

上の右画像には他プレイヤーの幻影が見えます。
あの人もフラムトと話しているっぽかったです。



フラムトから次の目的を告げられますが、ちょっとやり残したことがあったので別の場所へ。
探索自体は前にやっていて、森の奥に扉があるのは確認していたんですが、その先へは進んでいませんでした。
扉を開け、ボス「灰色の大狼シフ」と戦います。



大神アマテラス、キタ────oU・ェ・Uo─────!!!

一応、私的攻略法を。
例によって、能力や装備によって違ってくると思いますので参考程度に。



怖い攻撃は叩きつけと回転斬りでした。

叩きつけはダッシュからの横薙ぎ斬りの後に出してくることが多かったです。
ガードしていてもダメージになるので、予備動作が見えたら回避の準備を。

回転斬りの予備動作は、剣をまっすぐくわえ直して頭を右(プレイヤーから見て左)に振る動作。
ガードもできると思うんですが、足に食らっているのかダメージになる場合もあったので、普通に距離を取ってかわしていました。

ほかの攻撃はだいたいガードできてました。
ジャンプ移動されて見失うこともありますが、大抵後ろにいますね。
後ろに回られたり、距離を取られるとロックオンが外れるのにも注意。

私がやった削り方は以下の通りです。



シフの出すコンボで、プレイヤーから見て右からの横斬り→返す刀で左からの横斬り→踏みつけを待ちました。

最初の横斬りは、立ちガードで動かずに待っているときに出してくる場合が多かったように思います。
頭を左(プレイヤーから見て右)に振る動作を見たら少し後ろに下がってかわし(ガードもできます)、2発目の横斬りを誘うため前に進みます。

2発目をガードしながらシフに接近。
踏みつけのため体を起こす動作中も動いておきます。
着地したところで2発ほど攻撃できます。

以上を繰り返し削っていきました。
私の場合は横斬り2発ともガードしてもスタミナに余裕がありましたが、成長具合によっては難しいかもしれませんね。

ダメージを与え続け、シフのHPが残りわずかになると動作に変化が起きますが、私は「手負いの獣は恐ろしい」という言葉が頭に引っかかってたんで、なんかデカいのが来るんじゃないかと身構えてました。
まぁでも、あの演出はズルいよねw


関連記事:
PS3『ダークソウル』 プレイ中 その6/2011年10月18日
PS3『ダークソウル』 プレイ中 その5/2011年10月10日


テーマ:DARK SOULS - ジャンル:ゲーム

ゲーム購入未定表 その8

年末商戦も近づく中、まだ終わらせていないゲームもありますが未定表ということで、気になるタイトルを並べておきます。

各タイトル部分に公式サイトへのリンクを貼っています。
年齢制限のあるサイトや音が出るサイトがございます。
閲覧される方はご注意ください。

発売予定日は2011年10月27日時点でのものです。

前回の未定表はコチラ



DEAD ISLAND
10月20日(発売中) PS3・Xbox360


ドラマチックなティザームービーは評価されていましたが、その分ゲームに関しては評価はまちまちといった印象。



ファイナルファンタジー零式
10月27日 PSP


体験版やりましたが、RPGっぽくて面白そうでした。
ちょっとキャラ要素が強そうな気がするのと、パッケージ版はUMD2枚組みというのが気になりますね。



アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス
11月2日 PS3


1、2を先にやらないとね。



スーパーマリオ 3Dランド
11月3日 3DS


最近まではそれほど気になってはいなかったんですが、PV見て惹かれてきました。
3DS動いてないですし、これは購入可能性は高いと思います。



メタルギアソリッド ピースウォーカー HDエディション
11月10日 PS3・Xbox360


次の「メタルギアHD」とどちらか一方を買うとしたら、やっていない「ピースウォーカー」ですかね。



メタルギアソリッド HDエディション
11月23日 PS3・Xbox360


でも「MGS HD」に含まれているサブスタンス、サブシスタンス要素もやったことないんですよねぇ。



街ingメーカー4
11月23日 PS3・Xbox360


地味に気になっているタイトル。



ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 (PSP the Best)
11月23日 PSP


廉価版タイトル。
プレイされた方の間では評判がいいようなので気になっています。



ゼルダの伝説 スカイウォードソード
11月23日 Wii


Wiiリモコンプラス同梱の25周年パック予約してませんが、買えるかなぁ?

11月23日が意外と激戦区だった。



アサシンクリード リベレーション
12月1日 PS3・Xbox360


「2」、「ブラザーフッド」と発売日に買ってきましたからね。
買いたいですね。



鉄拳ハイブリッド
12月1日 PS3


「アサクリベレ」と同日発売。
映画『鉄拳 ブラッドベンジェンス』気になるんですが、Yahoo映画でのユーザーレビューは賛否分かれて星3つといった感じでした。



ファイナルファンタジーXIII-2
12月15日 PS3・Xbox360


これはさすがに様子見w



PlayStation Vita(本体)
12月17日


買えなくてもいいけど、買えるかな~?



真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)
12月17日 PSV・PS3


PS3版もあるにはあるわけですが、タッチとジャイロでやってみたいですね。
まぁ本体があればですが。



地獄の軍団
12月17日 PSV


本体買えたとしても購入可能性は低いですが(笑
変なゲームっぽかったらいいなと、思ってます。


他には今のところ購入候補には入ってませんが、3DS『モンスターハンター3G』が12月10日に発売されますし、PlayStationブランドの3Dディスプレイ(11月2日発売予定)も気になるところです。

テーマ:新作ゲーム - ジャンル:ゲーム

気になったゲーム関連の話題 2011年10月27日

コンシューマソフト週間販売ランキングTop20 /4Gamer.net

2011年10月17日から23日までのソフト販売本数ランキング。

初登場1位はPS3『劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ ハイブリッドパック』で14万2千本、同じく2位がPSP『NARUTO 疾風伝 ナルティメットインパクト』で11万1千本、そして同じく3位はWii『GO VACATION』で4万7千本となっています。

1位から3位をバンダイナムコゲームスタイトルが独占する形になっています。
まぁ前作の「イツワリノウタヒメ ハイブリッド」のときも言いましたが、映画とPS3用ゲームが1枚のBlu-Rayディスクに収録されているとはいえ、これをゲームソフトとしてカウントしていいものでしょうか?w

初登場5位にはPS3版『デッド・アイランド』がランクインしており、Xbox360版と合わせて5万3千本を売り上げたようです。
新規IPの洋ゲーとしたらまずまずのように思います。
一方で海外のレビューで高得点を多くつけられた『Deus Ex(デウスエクス)』のPS3版が初登場13位で8千本となっています。



タッチ操作で玉が縦に横に伸び~る!! 変形自在のタマコロガシ『塊魂 ノ・ビ~タ』を紹介/電撃オンライン

PlayStationVitaと同じく12月17日に発売予定のPS Vita『塊魂 ノ・ビ~タ』、および同タイトルのサウンドトラック紹介記事。
基本的にタッチでの操作になるようですね。

公式サイトもリニューアルされたそうですが、それに先駆けて『塊魂』シリーズに登場する「王様」がtwitterを始めたようです。



「アノサァ…… 『スティック』トカ 『タッチ』トカ ドウデモ イインダヨネェ。 ダッテ 転ガスノハ 王子ノ 役目ジャナイ? 王様 ゼンゼン キョウミナイデス。」
「ソンナコトヨリ モット知リタイコト アルヨネ? ソレハ 今回 王様ガ ドンナ素敵ナ活躍ヲ スルノカッテ コト……。 重要ナノハ ソコデショ? ミンナ ホントニ 塊ファンナノ?」


スクエニPSV『地獄の軍団』の魔王様もtwitterをやっていますが、なんか絡みそうな気がしてますw



『ラビリンスの彼方』発売日決定、パッケージデザインも公開 /iNSIDE

コナミの3DS『ラビリンスの彼方』の発売予定日が来年2012年1月19日と発表され、ジャケットイメージが公開されたようです。



公式サイトもリニューアルされ、3DSを使って立体視で閲覧できるスクリーンショットがダウンロードできます。

落としてみましたが派手なエフェクトの飛び交う戦闘シーンがあるようですね。



「王と魔王と7人の姫君たち ~新・王様物語~」国民をタッチすると“親衛隊”として仲間に。ゲームシステム「スカウト」と、キャラ6名の情報が明らかに /4Gamer.net

こちらもコナミから発売予定のPS Vita『王と魔王と7人の姫君たち ~新・王様物語~』。
商品情報ページが更新され、スカウトのしかたやキャラクター情報が公開されています。



キャラクター情報に声優名が記載されていますが、キャラクター音声がつくようですね。
アプリコット(左)は豊崎愛生さん(『けいおん』の平沢唯、NHKニュースウォッチ9の春ちゃん)、ヴェルデ(右)は釘宮理恵さん(『銀魂』の神楽、『鋼の錬金術師』のアル)が演じられるようです。

また、PVが公開されたときその存在を心配したなんでも大臣のリアムですが、ちゃんと登場するようです。



これは・・・「きれいなジャイアン」的な「きれいなリアム」になっちゃいましたねw

デザインが変わったり、キャラボイスがついたり、別にイヤではないんですがなんというか、アクが抜けていくような寂しさもちょっとありますね。



「ICO」と「ワンダと巨像」のリマスター版を迎えて。上田文人というゲームデザイナーは,何を考えて作品を創るのか――日本が誇るゲームデザイナーがみっちり語る2時間 /4Gamer.net

『ICO』、『ワンダと巨像』、『人食いの大鷲トリコ』を手がける上田文人氏へのロングインタビュー。
インタビューというより4Gamer編集長との対談のようになっています。

5ページもあるんでまとめる気はありませんが(笑)、読み応えあるんで作品や上田さんに興味がある人は是非読んでもらいたいですね。

「大鷲トリコ」まだ~~~?



関連記事:
気になったゲーム関連の話題 2010年10月14日
(PS3『マクロスF イツワリノウタヒメ』初登場ランク)
PS Vita『王と魔王と7人の姫君たち ~新・王様物語~』 PV公開/2011年9月15日
PS3『人喰いの大鷲トリコ』ディレクター・上田文人氏インタビュー記事集【独立版】/2011年4月11日


テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

南海キャンディーズ・しずちゃんが声優・神谷浩史さんに暴言? ほかの記事も見てみよう

久しぶりにメディアリテラシーのお話。
(などと、私が言うのもおこがましいんですが・・・w)


【レポート】山里、神谷浩史、白石涼子も駆けつけた! 『FINAL FANTASY 零式』発売日カウントダウンイベント開催 /マイコミジャーナル

昨日10月27日に発売されたPSP『ファイナルファンタジー零式』の発売カウントダウンイベントレポート記事。
同作に登場するマキナの声を演じた神谷浩史さんら4人の声優陣と、お笑いコンビ・南海キャンディーズの2人を会場に迎え、イベントは盛り上がっていたようです。

このイベントを伝える記事はほかにもあったんですが、複数の大手まとめ系ブログでは下の記事が紹介されていました。
(正確には、下の記事を配信するニコニコニュースのリンクを紹介する書き込みと、それに対するレス)

しずちゃん、声優・神谷浩史に「あんた誰?」と暴言 「FF零式」発売イベント/ハリウッドチャンネル

ハリチャン記事では、南海キャンディーズのしずちゃん(山崎静代さん)の振る舞いを

芸能界一「FF」ファンという山里に対して、興味なさ気な山崎は、好きな魔法を「ピョロリ。死んだら生き返る」と適当。登壇した声優の神谷浩史から野次られると、「あんた誰?知らん」と暴言を吐いていた。

とか、

一方の山崎は、この日のために前日朝7時から並んでいた男性がいるにも関わらず「こんな朝から売るんですか? 大体お店は10時くらいじゃないの?」と企画自体を否定していた。

というように表現しています。

普通に考えれば、物怖じしないキャラのしずちゃんらしいボケだと思いますが、記事の表現からはボケであるという雰囲気は伝わらず、キツい印象を受けます。

そのため、twitterなどを見ると、この記事に触れた人の中には不快に感じた方もいたようです。
勿論、しずちゃんのキャラとボケを理解している人や、声優さんの一般的な認知度は高くないといった反応をしている人も多く見られます。

しかし、ハリチャン記事が伝える、いわゆる“暴言”の部分が一番最初に取り上げたマイコミ記事ではどのように書かれているかというと、

神谷さんに対して「自分、誰? ええ声してんなあ」と失礼発言をした、しずちゃん。山里さんからは「帰れ!モルボル野郎」と一括され、会場は大爆笑

というように、まぁ、文字で見れば失礼な発言に変わりはないんですが(笑)、「誰?」で終わっていないことや相方の山ちゃん(山里亮太さん)のツッコミがあったこと、会場では笑いが起こったというようなことが表現されており、だいぶ違った印象になるのではないでしょうか。

また下の記事では

いよいよ発売!『FINAL FANTASY 零式』発売カウントダウンイベントで山ちゃんがしずちゃんに指南?/よしもとニュースセンター

しかし、トークをしていくうちにしずちゃんが全くFINAL FANTASYについて知らないことが明らかになり、山里は「帰ってくれ!こんなに強烈に水を差しにくるやつがいるとは思いませんでした」と一喝。しかし、しずちゃんは反省することもなく、声優さんたちに向かって「誰?いい声してるね」などと言い放ち、そのあまりの空気の読めなさにお客さんたちも思わず笑ってしまっていました。

というように書かれています。
南海キャンディーズが所属する吉本興業によるレポートですから好意的に書かれている部分もあるかもしれませんが、笑いにつながるやり取りがあったことがうかがえます。

また、ハリチャン記事に対するtwitterでの反応の中で、「事前に出演者のこと調べて来い」、「ゲーム(FF)のこと勉強して来い」、というようなものがありましたが、下のGpara記事では、

『FINAL FANTASY 零式』発売イベント開催!4名の人気声優がゲスト出演 /Gpara.com

(ステージに登場する際、しずちゃんは)
拳を武器に戦う『FINAL FANTASY 零式』の登場キャラクタ「エイト」を意識してか、登場するなり「女エイトです!」と名乗った。

とあるように、自分で調べたのか詳しい人や関係者に教えられたのかは分かりませんが、「FF零式」に登場する武器を使わず拳(体術)で戦うエイトという人物と、現在ボクシングに打ち込んでいる自身とを重ね合わせたような自己紹介をしたようです。
さらに以下のようなやり取りが続きますが、

ところが山里さんは、「静ちゃん、『FINAL FANTASY』プレイしたことあるの?」と指摘。それに対して山崎さんは「エイトって、『FINAL FANTASY VIII』のことでしょ?」と口にしたり、ステージ上の声優陣4人に向かって「誰…?」と発言したりとやりたい放題。最終的に山里さんから受けた「好きな魔法は?」という質問に「ピ、ピョロリ…?」と答えるなど、会場を大いに盛り上げた。

とGpara記事はイベントが盛り上がったと好意的に表現しています。



私はマイコミ記事を読んだあとでハリチャン記事に触れて「随分キツい書き方だなぁ」と感じたんですが、ひとつの出来事に対して、書き手によっては捉え方、伝え方、表現が異なる場合もあるというひとつの例だと思います。
ただエンターテイメント関連の記事では珍しい気もしますね。

ともあれ、このハリチャン記事ひとつだけを前提にした批判や擁護、批判者への批判・擁護などは意味のないことのように思います。
マイコミ記事やGpara記事はホントいいレポートだと思いますので、ハリチャン記事を肴にウニャウニャやるより、両記事を読んでもらいたいですね。

また一方で伝える側も、センセーショナルな表現は人の目を引き、ネタとして話題になりやすいのでブログ等で取り上げやすいのはしょうがないと思いますが、「ほかの記事もあったよ」といったフォローは欲しいですよね。

そして、ハリウッドチャンネルによるレポート記事が、何らかの悪意を込めて書かれたのか、狙って扇情的な表現を用いたのか、ライターさんの色なのかは分かりませんが、こういったイベントに参加できない・していない人のほうが大多数であり、書き手にはそうした人たちに向けて現場の雰囲気をできるだけ正しく伝えてもらいたいですね。

勿論、「会場は盛り上がっていたが、私はつまらなかった」という表現もまた“有り”だと思いますよw


関連記事:
「FBIがAnonymous(アノニマス)に対し40件の逮捕状」は誤報/2011年4月26日


テーマ:男性声優 - ジャンル:アニメ・コミック

PS3『ダークソウル』 プレイ中 その8

※ネタバレ・攻略になり得る画像や記述があります。
ご覧になる方はご注意ください。





フラムトに告げられた通り、次の目的地センの古城を探索。
狭い足場にギロチン状の振り子が揺れています。



みんな大好き(?)ミミックさんとも出会いました。
一見普通の宝箱ですが、攻撃するとなんともキテレツな本性を現します。



こちらの画像は別の場所でのものですが、普通に開けてしまうとムシャムシャ食べられてしまいます。
直立状態の攻撃も鮮やかでしたw



そんな罠のあふれる古城のボス・アイアンゴーレム。
ゴーレムの強力な攻撃はガードしても弾き飛ばされることがあり、何度かリングアウトでゲームオーバーになるものの、回避を丁寧に、攻撃は欲張らず一発ずつの長期戦で割りと少ないチャレンジ回数で倒せました。

余談ですが、このとき使ってた武器は放浪者の初期装備であるシミターを強化したもの(シミター+10)なんですが、飛竜の剣などもっと攻撃力の高い武器は所持していたので持ち替えてもよかったですね。
そんなことに気付いて、もう少し後のことになりますが、飛竜の剣を使うようになりました。



アイアンゴーレムを倒して次の場所、アノール・ロンドへやって来ました。
夕陽に照らされた風景がとてもキレイな場所です。



そんなアノール・ロンドのとある場所で、とあるアイテムを使い、とある罪人を退治する戦い。
1対3の戦いで苦戦しました。

私が採った戦法は、マンガ『るろうに剣心』で剣心が弥彦に教えた一対多数での戦い方。
戦闘エリアを囲む階段を使い逃げ回りながら、追いついてきた敵にダメージを与えていき、集まってきたら再び逃げ回ることを繰り返してクリアしました。



今はボス・「処刑者スモウ(左)」と「竜狩りオーンスタイン(右)」との1対2の戦いに苦戦中です。



まぁでも、がんばろう。


関連記事:
PS3『ダークソウル』 プレイ中 その7/2011年10月25日
PS3『ダークソウル』 プレイ中 その6/2011年10月18日


テーマ:DARK SOULS - ジャンル:ゲーム

«  | ホーム | 

 

ひとりごと

ご来訪、ブログ拍手ありがとうございます。



人喰いの大鷲トリコ



パペッティア

レッドシーズプロファイル ディレクターズブログ

Wii『朧村正』応援バナー 鬼助
Wii版
Wii『朧村正』応援バナー 百姫
PS Vita版
魔人と失われた王国

Déraciné(デラシネ)


パリピ孔明OP
音量注意

ヒロアカ「Hero too」MV
音量注意

プロフィール

喜石黒蘭

Author:喜石黒蘭
キセキコクラン(♂)
広く、浅く、楽しく。
2019年3月3日をもって、当ブログは頻繁な更新を終了しています。

コメント、拍手コメントには、その記事のコメント欄にてお返事させていただきます。

リンク

最新記事

最新コメント

 

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリ

 ご挨拶 (21)
 お知らせ (14)
 気になる (50)
 ゲーム購入未定表 (27)
 買い物 (245)
 カプセルトイ、プラモデル (25)
 本 (7)
 マンガ・アニメ (13)
 ゲーム (40)
 ゲーム海外サイトレビュー (25)
 ゲーム・ゲーム体験版感想 (105)
 『パペッティア』 (16)
 『朧村正』プレイ日記 (34)
 『ドラクエ9』プレイ日記 (36)
 『王様物語』プレイ日記 (25)
 『アサクリ2』プレイ日記 (36)
 『RedSeedsProfile』プレイ日記 (42)
 『大神伝』プレイ日記 (39)
 『ペンギン生活』プレイ日記 (2)
 『風ノ旅ビト』考察 (6)
 『ドラゴンズドグマ』プレイ日記 (22)
 『DQヒーローズ』プレイ日記 (14)
 ただ今プレイ中ゲーム (278)
 『ソウル』シリーズ、『Bloodborne』、フロム作品 (57)
 『Déraciné(デラシネ)』考察 (9)
 『メタルギア』シリーズ、コジプロ (15)
 『ファイナルファンタジー』シリーズ (16)
 『ドラクエ』シリーズ (12)
 『龍が如く』シリーズ (19)
 『アサクリ』シリーズ (13)
 PlayStationHome (44)
 ゲーム関連動画 (173)
 ゲーム情報ライブ配信イベント (49)
 黒蘭の動画 (12)
 人様の動画 (15)
 テレビ (26)
 音楽 (10)
 映画 (7)
 スポーツ (5)
 雑記・ネタ (96)
 ニュース・話題 (515)
 GT5 (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ